Top > 信濃龍神

信濃龍神
HTML ConvertTime 0.068 sec.

信濃龍神.jpg
信濃龍神(しなのりゅうじん)


信濃国を流れる信濃川が元になったとされる龍神。
される、といった理由は、初めてこの龍神を討伐した吉備泉が
「黒竜」と当時は呼んでおり、再度姿を現した際に改めてつけられた名前であるからだ。


その鱗は硬く、攻撃もまた苛烈である。
信濃川は千曲川と合わせて語られることもあり、その分龍神の力も強くなっているのかもしれない。


「非常に強力な攻撃と防御を兼ね備えてます。また、絆を試される攻撃は、
上手く対処すれば不発に終わらせることもできるみたいですね」


分類あやかし
地域信濃?
出現エリア古代の神の祠(信濃龍神)
必要妖怪印章信濃妖怪印章x10
ドロップ信濃龍の宝玉 0~1個、信濃龍の鋭牙 2個確定、最大5個?
HP/リジェネ153,000/最初750、HP50%から1250、HP25%から1000

概要 Edit

土曜日と日曜日に開放される。挑戦には信濃妖怪印章10枚が必要。
ドロップする信濃龍の宝玉・信濃龍の鋭牙を素材とすることで、富士龍神の武器を強化することが可能である。
公式から「アラハバキの実装以来の最高峰ボスとして、強さのハードルが一気に上がっております」
と、実装当初に異例のアナウンスがあったほどの難敵。


この龍神が使用する溜めの特殊行動「頭割りの分散ダメージ」は非常に厄介な仕様なので、ここを読んで情報を熟知しておくこと。
また、防御力が非常に高いので生半可な威力の攻撃では歯が立たない。これまでのボスとは一線を画す強さである。
HPだけは北上龍神より低いが、それ以上に他の部分が、それ以前の敵とは比べ物にならないほど超強化されている。
利根・富士・北上龍神のようにはいかずに、対処を誤ると容易に全滅もあり得る。


強さに十分な自信がないならば盾なしでの主催は厳禁。
盾ができるほどの式姫がいないけど、どうしても主催したいという場合は、無理せず強い人に盾を頼もう。


盾として初参戦するならば相手の火力が一気に上がっているので要注意。
安定を取るならば、この計算式で被ダメージを計算するとよい。また、構えなどの補正はこちらで各自調べる。


【戌の満水(いぬのまんすい)】とは
1742年(寛保2年)8月に信濃地方で実際に発生した大洪水である。
壬戌(みずのえいぬ)の年にあたるため、被害の大きかった千曲川流域では「戌の満水」と呼ぶ。
当時の氾濫水位は10Mを超えたとされており、日本の水害の歴史の中でも特に規模の大きいものであった。


要約 Edit

最重要

  • パーティメンバーの最大HPは全員351以上にする。
  • 「頭割り攻撃」の対象となったら絶対に退避しない。
    誤操作で退避してしまったら、即座に再出陣する。

    そこそこ重要
  • 全員前列にして挑戦する事 を強く推奨する。
  • 回復アイテムの準備だけはしておこう。(内訳は後述)
  • 退避は信濃龍神の行動直後にしよう。
  • 余裕があるなら、退避する予定ターンの間にスタンプで合図を出そう。
  • 極尾撃でパーティがスタンしたら即座に撤退しよう。合図は不要。
    強いプレイヤーは1人だけスタンした時に戦闘継続することがあるが、真似しないでおこう。

Edit

効果威力
序盤から使用
滅牙刺:単体2725
引き狙い打:後列沈黙効果(23秒程度) HP25%まで使用941~942
絆試しの構え溜め出陣中の全キャラに[頭]を付与-
戌の満水無:全体「頭」が付いたキャラへ3150の分散固定ダメージ (防御力無視)。護法障壁で軽減可能。
人数による分散ダメージ 9人:350、8人:393、7人:450、6人:525 3人:1050
HP50%から使用
呪刃呪:単体中確率で沈黙効果(27秒程度)1270
HP25%から使用
黒龍の一撃打:単体毒効果(5秒毎、85のダメージ)3007~3008
極尾撃打:全体高確率でスタン効果(20秒程度)902

手配書 Edit

討伐数報酬
1霊珠×50
3霊珠×175
5霊珠×225
13霊珠×380
25霊珠×600

行動パターン Edit

 基本データ

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 現実問題、助っ人および討伐隊の10人中4,5人はこれを満たさないと勝機は薄い強敵です
    具体的な数字はともかく、「HP349でもいいよ」とは言えないでしょう。信濃龍が北上龍のようにエンドコンテンツでなくなるまではある程度やむを得ないと思います。 -- 2015-04-12 (日) 12:59:57
  •  確かに過剰表現はいくらかあると感じましたが、後発は寄生として参加するしかないので他の参加者の負担をいくらか軽減するためにも参加条件が厳しいのは自然だと思います。常夜の実装で以前よりは短期間で信濃エリアまで到達できるようになってしまったのでスキルもステータスも非常に乏しいという人をよく見かけます。(そもそもWIKIなどで調べるなどしないんでしょうけど)。粉や霧を使う習慣も無かったでしょうし、とにかく初めは心がけることが多すぎてパニックになるでしょうからステータスなど高い方が少しは余裕が出来るでしょう。とくにHPとか。
     木曽エリアまで完走してもステータス・スキル共に微妙な方も割といるので、せめて主人公の必須スキル(護法・奇蹟・死者・衰)くらいは心技体も上げきってから来てほしいですね。
    あとどうせ書くなら攻撃力400程度の人の動きとかも書いてあげるといいかもしれません。400くらいからダメージがまともになってくる段階だと思いますので -- 2015-04-12 (日) 13:03:24
    • そうそう、盾以外は基本的に武士要りません。HPは確かに高くなりますが、火力として使えません。他に強い子がいないなら今回は参加を見送って育成を頑張るべきです
      ちなみにサブ盾は、以前なら求められたら討伐隊などで連れていくことがありましたが今は火力で削りきったほうが楽なのでメイン盾以外全く見られなくなりました(武士を連れていくと今後冷たい目を向けられることになる) -- 2015-04-12 (日) 15:06:29
  • 運営がろくな条件も設定せずにこんな強い龍神に太古の試練を実装してしまったのですから、ある程度プレイヤー側で縛る必要があるのは仕方がないと思いますね。
    BL機能が強化された今、必要条件を満たさずに何度も参加して主催者にBLされてしまったらそれ以降の龍神は詰むのが確定ですし、こうした細かい設定を書くのは良いことだと思います。
    ここに書いてあることを守りさえすればいいわけですしね。 -- 2015-04-12 (日) 14:54:12
  • これを運営のせいにするのはなんぼなんでも受け身過ぎだしネトゲやったことないのかと疑うわ。wikiは情報拾いに来てるんだし、書いてあることも絶対ではないしこのくらい濃い方が後からやる人もわかりやすいと思う -- 2015-04-12 (日) 15:01:32
  • 周りの迷惑考えない自己中の寄生がBL突っ込まれるのを運営のせいしててまじウケルw -- 2015-04-17 (金) 06:40:57
  • 運営のせいって言うか寄生のせいじゃね。ここまで育てなくても人数揃えりゃ勝てるし。能力低いやつらの穴埋めのためにこんだけの条件書かれてるんじゃねーのって感じだわ。 -- 2015-04-17 (金) 16:07:05
  • 運営のせいとかw馬鹿が釣られて荒れるだろw -- 2015-04-18 (土) 20:30:40
  • 最近の更新で、後列に誰もいないと、後列攻撃が前列攻撃に差し替わると言うことがある報告アリ。要検証。 -- 2015-07-26 (日) 09:49:38
    • バグとして先日のメンテで修正されました。 -- 2015-08-06 (木) 02:14:17
  • ここで推奨されてる盾のHPって低すぎません?防御440で滅牙を760くらい受けましたよ。初手に構えできない可能性考えると@+100は欲しいと思うのだけど。 -- 2016-01-02 (Sat) 15:32:18
    • 初手構えができてない時点でただの凡ミスです -- 2016-01-02 (土) 17:48:01
      • いや・・・主催以外だと初手は出来ないと思うのですが・・・開始時すでにゲージいっぱいだし -- 2016-01-02 (Sat) 20:56:18
      • なぜ主催以外ではいるという上級編をやろうとしているのですか・・・
        ステータスの低い人がやるものではないです
        どうしても主催以外でやりたいのなら一回分火力に攻撃受けてもらってその間に構えをしてください -- 2016-01-02 (土) 22:57:29
    • そういった場合は出した人に衰力してもらうよう頼めば良いと思います -- 2016-01-03 (日) 16:10:43
  • 最近絆退避が増えたという嘆きが聞こえてきたので一文追加しようかと見てみたら何じゃこりゃ -- 2016-06-12 (日) 06:08:23
    • さすがに注意過剰だよねえ…初見さんが尻込みそう。言ってることは正しくても今の信濃は赤字でここまで言うほどではない。それにわざわざwikiで敵の説明読みに来る人は地雷になりえない -- 2016-11-25 (金) 18:43:43
お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。